カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 政治
  • 2018年9月29日
  • カンボジアニュース

土地開発に新たな規制 カンボジア[政治]

seiji_20180929
(c)Phnom Penh Post

 国土整備・都市化・建設省は25日、「すべての土地開発には事前に同省の承認を得なければならない」と発表した。プノンペンポスト紙が報じた。

 5月11日に同省のチア・ソパーラー大臣は、適切な土地管理を促進し、土地開発と都市計画の持続可能性や効率性を確保することを目的とした大臣令に署名した。この措置はこの大臣令を強化するものである。

 この新たな措置では、3万平方キロメートル以上の土地開発プロジェクトは、同省の許可を得なければならない一方、規模以下のプロジェクトは、市または地方当局から許可書を受け取らなければならないことを義務づけた。

 5000平方メートル未満のプロジェクトは、町または地方当局の承認を得なければならない。

関連記事
経済
トゥール・コーク区の賃貸マンションの供給が3倍に増加 カンボジア[経済]
(11月03日)
経済
コンドミニアムの供給が僅かに増加 カンボジア[経済]
(10月25日)
経済
タクマウ市で新しい住宅プロジェクト カンボジア[経済]
(10月23日)
経済
首相 シアヌークビルの修復求める カンボジア[経済]
(10月20日)
経済
建設投資額が14%減少 カンボジア[経済]
(10月20日)
経済
カンボジア参入を模索する英国の建設会社が急増[経済]
(10月18日)
あわせて読みたい
注目
最新のプノンペンお買い物スポット エクスチェンジスクエア!
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
カンボジア人の声 レオパレス21 ソク・ソピアック、ロー・ピセイ
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
政治の最新ニュースランキング
最新ニュース