カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 政治
  • 2017年5月31日
  • カンボジアニュース

地方選挙期間の2日間、アルコールの販売と消費を禁止 カンボジア[政治]

news_201705313
(c)Phnom Penh Post

 フン・セン首相は、地方議会選挙中の6月3日、4日をアルコールの販売と消費の禁止とする指令を出した。プノンペンポスト紙が報じた。

 この指令は、飲酒に起因する暴力や脅迫行為を防止し、円滑な選挙プロセスを確実なものにすることを目的としている。

 声明によると、「たいていのアルコール消費は、暴力、交通事故、社会問題、犯罪、場合によっては公共秩序の混乱を引き起こす可能性がある」という。

 カンボジアに住む外国人も、当局や販売店と協力して選挙日前と選挙当日のアルコールの販売と消費を停止するよう勧告されている。

 情報省キウー・カニャリット大臣は、国家選挙委員会及びその他の機関と協力して、メディアを通じて周知していくという。しかし、禁止措置の実施方法や違反行為の詳細については詳述されていない。

 過去の選挙でも、アルコールの禁止措置が散発的に行われていたが、特に外国人向けのレストランやバーのオーナーはこれを無視している。

政治の最新ニュースランキング
最新ニュース