カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 政治
  • 2017年2月14日
  • カンボジアニュース

野党救国党サム・ランシー党首 辞任 カンボジア[政治]

news_201702142
(c)Phnom Penh Post

 野党カンボジア救国党の党首サム・ランシーは、11日付で党首を辞任した。プノンペンポスト紙が報じた。

 サム・ランシー氏は、2月11日にフェイスブックとツイッターの自身のアカウントで、党首辞任の声明を発表し即日発効された。ツイッターで「決定は党のため」とつぶやいていた。

 先日フン・セン首相が政党に関する法律を改正し、政府が刑事犯罪を犯した政党を解散させると脅しを行った後、辞表は提出された。首相はまた、有罪判決を受けた人々が政党を率いるのを防ぐため、同法律の変更を求めており、4月1日に改正案の投票が行われる予定だった。

 来る党内選挙では、その間、党の代表の役割を果たしていたケム・ソカーが党を運営を行うことが期待されている。

関連記事
政治
カンボジア人民党 7月29日の投票率を80%超えと予想[政治]
(23日)
政治
カンボジアに選挙の公平性を保つため、元野党の復職を要請 国連人権理事会[政治]
(03月27日)
政治
最高裁 ケム・ソカ氏の保釈要求を却下 カンボジア[政治]
(03月12日)
経済
フェイスブック カンボジアでの「発見フィード」試験実施を終了[経済]
(03月09日)
統計
カンボジア 腐敗認識指数ランキング ASEANで3年連続最下位[統計]
(02月24日)
政治
ドイツ政府 カンボジア与党へ制裁措置案を議会に提出[政治]
(02月19日)
あわせて読みたい
特集
本音調査アンケート 調査リポート05―日本人の常識はカンボジア人の非常識
業界
TV局は視聴者のニーズに合わせて常に変化し続けなければならない [マーケティング・メディア] リム・クンスルン
業界
カンボジアには真のジャーナリストがいない[メディア]キー・ソクリム
政治の最新ニュースランキング
最新ニュース