カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 政治
  • 2014年10月7日
  • カンボジアニュース

カンボジア独立教師会は更なる賃上げ要求を続ける構え[政治]

 政府機関からの回答がなくても、カンボジア独立教師会代表のロン・チョン氏は教師の月給百万リエルへの賃上げの要求を続けるという。

 カンボジア独立教師会代表のロン・チョン氏は「この賃上げ要求は、今日の政府の状況を見れば適切だ」と語る。同会は5日の世界教育の日に集会を開催し、国民議会議長、首相、教育省に対して要望書を提出した。

 ロン・チョン氏は、最低賃金を百万リエルに値上げする要求以外にも、教師は教師の独立性、汚職の問題、文具や教材の不足、実験施設の不足などが懸案となっていると説明したほか「昨今、カンボジア独立教師会の会員となるための教師の自由は、政府当局から脅迫を受けることで侵害されている。」と述べた。
tt_logo
本記事は転載の許諾を得て掲載しております。

関連記事
労働
イット労働大臣 来年までに全工場に看護師を置くことを呼びかける[労働]
(11日)
経済
米国小売大手のウォルマート カンボジア製品の購入を強化[経済]
(11月09日)
経済
カンボジアの縫製業の輸出成長鈍化へ 最低賃金の引上げが課題[経済]
(10月31日)
日系
日系企業 カンボジア初の高齢者ケア訓練施設を開校予定[日系]
(10月28日)
労働
教職員の退職年齢の延長とともに最低賃金は上昇へ カンボジア[労働]
(10月08日)
政治
2018年のカンボジア月額最低賃金は170ドル[政治]
(10月05日)
あわせて読みたい
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
正しい知識を持った専門家に意見を聞くことが大事[法務・税務・会計] 坂本征大
業界
生産性を高める時期、日系企業は今こそ投資を[人材]ホン・チユン (2/2)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
政治の最新ニュースランキング
最新ニュース