カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2018年6月29日
  • カンボジアニュース

フン・セン首相 選挙後に社会的保証が停止されるという旧救国党支持者からの主張を否定[労働]

news_201806291
(c)Khmer Times

 フンセン首相は27日、旧救国党の支持者らが、選挙後には縫製業労働者への医療無償化を含む社会的保障が停止されるという主張を否定した。クメールタイムズ紙が報じた。

 首相は、「約束を実現することができなければ、私は降りて別の党に道を譲るだろう」と述べ、「妊婦へのボーナス、フリーバス乗り場、最低賃金引き上げ、健康保険など、政府が最近実施したすべての恩恵が維持される」と続けた。

 カンボジア縫製業協会の副会長は、「社会保障制度は何百年も続く長期的な政策だ。現在の失業保険を含む社会保障に関する法案は、2019年1月までに完全な社会保障を提供すものであり、それは国民へのコミットメントと義務だ」と語った。

労働の最新ニュースランキング
最新ニュース