カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2018年6月3日
  • カンボジアニュース

カンボジア労働法 従業員の権利保証へ向け改正へ[労働]

 フン・セン首相は、閣僚評議会で先日承認された労働法改正により、すべての雇用者が従業員に退職金またはそれに見合う給付金を6カ月ごとに支払うことを保証すると発表した。この発表は、カンダール州で1万6000人の労働者との会談中に行われた。プノンペンポスト紙が報じた。

 この動きは、雇用主が財政的な問題のため工場を閉鎖して賃金を払わずに行方をくらますかもしれないという従業員の懸念を和らげるためのものだ。
首相は続けて、「改正後、企業や工場の所有者が工場を閉鎖して債務の負担から逃れることは認められなくなる」と付け加えた。

関連記事
法律
閣僚評議会、最低賃金法案と改正労働法を承認 カンボジア[法律]
(05月29日)
労働
カンボジアとタイ 移民合法化に向けた話し合い[労働]
(05月27日)
経済
三陽パーツ 自動車部品の修理工場建設を発表 カンボジア[経済]
(05月26日)
労働
建設ブームの裏に非熟練労働者の低賃金[労働]
(05月12日)
労働
フンセン首相 建設現場での中国人労働者雇用を擁護[労働]
(04月27日)
日系
ポイペトPPSEZ 最初の日系企業と賃貸借契約を締結[日系]
(04月19日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
カンボジア人の多くは、まだ不動産購入出来る段階に入っていない[不動産]モーガン・リー
業界
国際企業・中小企業向けのビジネスハブを開発 [不動産] モーガン・リー
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース