カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2018年1月19日
  • カンボジアニュース

最低課税所得基準額 今月より300ドルに カンボジア[労働]

news_201801191
(c)Phnom Penh Post

 租税総局は、1月15日より労働者の最低課税所得基準を300ドルに引き上げると発表した。プノンペンポスト紙が報じた。

 これはフン・セン首相による今年後半の選挙に備えた大衆政策の一環で、非課税対象額の引上げは3年連続。2014年に125ドル、2015年に200ドル、昨年には250ドルとなっている。

 一方、同じく今月には縫製業従事者の労働賃金が前年比11%増の月額170ドルとなる。

関連記事
労働
労働省高官「カンボジアのお盆までには最低賃金が決まる」[労働]
(16日)
労働
カンボジアの2020年最低賃金、労働組合側は199ドルを要求[労働]
(09日)
労働
使用者側代表「2020年最低賃金の引き上げは困難」カンボジア[労働]
(04日)
経済
グランドツインズインターナショナル、第2四半期の成績も好調[経済]
(08月20日)
労働
カンボジア人の労働者の多くは韓国で働くことを望む[労働]
(08月15日)
労働
33人の工場労働者を乗せたトラックが横転 カンボジア[労働]
(07月31日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 AIA生命保険 ファイナンシャルプランナー チェア・チャンメトレイ
特集
カンボジア新しいスタンダード -カンボジア税制に対応したクラウド会計ソフトがいよいよ登場!-CAMBODIA NEW STANDARD
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
カンボジアの税法に合わせた会計ソフトを開発 [法務・税務・会計] 安藤理智
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース