カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2017年12月8日
  • カンボジアニュース

タケオ州の縫製工場で100人以上の大量失神[労働]

news_201712083
(c)Khmer Times

 12月6日朝、タケオ州にある縫製工場の労働者100人以上が、就業時間中に大量失神を起こした。クメールタイムズ紙が報じた。

 地元の警察署長は、「工場で使用されている化学物質から噴出した煙が原因かもしれない。地方自治体や警察、工場関係者が、すぐ近くの保健所に送り、深刻な病気は報告されていない。労働省などが工場を点検し、原因を調べている。工場には3271人の労働者がいて、影響を受けていない人は帰宅が許されているが、いつ工場の稼働が再開するか分からない」と述べた。

関連記事
社会
カンボジア・プレイベン州で鳥インフルザが発生[社会]
(17日)
経済
新セメント工場 チップモングループによりカンポット州に誕生[経済]
(14日)
社会
モンドルキリ州で鳥インフルエンザ発生の疑い カンボジア[社会]
(04日)
労働
最低課税所得基準額 今月より300ドルに カンボジア[労働]
(01月19日)
経済
工場での失神者数 前年に比べ3割減 カンボジア[経済]
(01月12日)
日系
デンソー プノンペン経済特区に新工場の建設へ[日系]
(01月07日)
あわせて読みたい
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
注目
インフルエンザ予防接種キャンペーンのお知らせ
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
注目
サンインターナショナルクリニック 無料診察 4月のスペシャルプロモーション
注目
サンインターナショナルクリニック の日曜診断がスタート 12月のスペシャルプロモーション
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース