カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2017年9月29日
  • カンボジアニュース

フン・セン首相 最低賃金の過度な引き上げ要求を控えるよう労働者に警告[労働]

news_201709293
(c)Khmer Times

 フン・セン首相は縫製労働者に対し、最低賃金の過度な引き上げ要求をしないように要請。さもなければ、工場はより安価な国に移転すると警告した。クメールタイムズ紙が報じた。

 今月27日、フン・セン首相はプノンペン都ミーンチェイ区の1万人以上の縫製労働者に対し、「バングラデシュとスリランカの労働者の賃金は月67ドル、ミャンマーは79ドル、ラオスは110ドルである」と、アジアの労働者はカンボジアより低賃金であると説明。

 今週初めには、縫製労働者のための新たな最低賃金に関する話し合いが始まり、政府は来年には162.67ドルまでの上昇を提案している。一方、雇用者は161ドル、組合は176.25ドルを要求している。

 フン・セン首相は、労働者に対し長期的に考えるように主張。雇用者にとって可能な範囲以上の要求をすれば、彼らは工場をミャンマー、ラオス、バングラデシュなどの国に移転してしまい、労働者は仕事と生活を失う可能性があると警告した。

 労働職業訓練省の広報官は、今週土曜日にも再び最低賃金の議論が行われると説明。作業部会の同意が得られない場合は、来月初めに新たに会議を開くとした。

関連記事
労働
カンボジア労働法 従業員の権利保証へ向け改正へ[労働]
(03日)
経済
カンボジア縫製業協会 税務コンプライアンスに関するパートナーシップ締結[経済]
(05月30日)
法律
閣僚評議会、最低賃金法案と改正労働法を承認 カンボジア[法律]
(05月29日)
労働
カンボジアとタイ 移民合法化に向けた話し合い[労働]
(05月27日)
労働
建設ブームの裏に非熟練労働者の低賃金[労働]
(05月12日)
労働
フンセン首相 建設現場での中国人労働者雇用を擁護[労働]
(04月27日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
業界
現在のカンボジアの技術職支援には、水平的取り組みが必要[人材] ケビン・ブリテン (1/3)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース