カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2017年7月3日
  • カンボジアニュース

カンボジア縫製業協会 人材クラブを立ち上げ知識の共有を目指す[労働]

news_201707031
(c)Khmer Times

 カンボジア縫製業協会(GMAC)は、昨日GMAC人材クラブを正式に立ち上げた。これにより、ナレッジバンクを構築し、業界を改善するための情報、経験、専門知識を共有することになる。クメールタイムズ紙が報じた。

 GMACの副会長は、「私たちは労働集約型の産業だ。ハイテク機械を使用しても、私たちの経営陣が十分に組織化されていなければ、スムーズには機能しない。私たちは人材クラブを知識の倉庫にして、経営スキルの向上を図りたい」と述べた。

関連記事
労働
国家雇用機構主催の就職フェア 今年は「生産性の向上」がテーマ[労働]
(10月20日)
経済
アジア開発銀行 カンボジアの経済モデルを再考する必要がある[経済]
(10月07日)
統計
カンボジアは人的資本のランキングでASEAN最下位[統計]
(09月14日)
経済
カンボジアの伝統的な調味料プラホック 地理的表示の取得を求める動き[経済]
(09月13日)
経済
カンボジア 米国に靴製品の免税を求める[経済]
(09月13日)
経済
高付加価値製品の生産ため、最新技術の導入や設備投資を促す カンボジア縫製業協会[経済]
(08月29日)
あわせて読みたい
注目
カンボジアのキリロム工科大学が 2018年4月より日本人学生の入学受入れを開始  ~実践の中で英語と世界に通じる最先端IT技術を学ぶ~
注目
カンボジアでビジネスをする人のための月例セミナーを開催
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
特集
カンボジアのシリコンバレー
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.5
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース