カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2017年5月27日
  • カンボジアニュース

カンボジアで中国語スピーカーが引っ張りだこ[労働]

news_201705271
(c)Phnom Penh Post

 ビジネスと観光の両面で、カンボジアでの中国の影響力が高まっていることから、中国語スピーカーの需要が高まっている。プノンペンポスト紙が報じた。

 ドイツ系求人サイトであるエバージョブズによると、中華系企業が多く進出しており、中国語スピーカーの求職者を探しているという。また、銀行が過去2年間で最も雇用を生んだ産業で、次にホスピタリティー産業だという。

 カンボジアは、2020年までに、中国人が年間200万人訪れるとされており、経済への影響は拡大すると見込まれている。中国はカンボジアの最大の投資家であり、昨年5億1100万ドルの直接投資をしている。

関連記事
労働
日本の厚生労働省、WAPESと共同でカンボジアのNEA(国家雇用機構)を支援[労働]
(07日)
労働
縫製労働者の失神例は昨年減少した カンボジア[労働]
(01月15日)
労働
フン・セン首相、家賃を値上げしないよう家主に呼びかける[労働]
(12月27日)
労働
1万人近い移民労働者がタイから強制送還 カンボジア[労働]
(12月19日)
経済
カンボジアの建設投資は前年比78%増加の予測[経済]
(12月06日)
労働
カンボジア労働省、2020年末までに社内診療所の設置を要請[労働]
(12月05日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 JC Agricultural Cooperatives Co.,Ltd ジェネラルオペレーションオフィサー ノウン・クンティー
特集
キリロム工科大学の今を追う 育てるのは企業のデジタルトランスフォーメーションを促すエンジニア
特集
カンボジア人の声 AIA生命保険 ファイナンシャルプランナー チェア・チャンメトレイ
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
感情に訴えることが反響につながるポイント[マーケティング]タシロ・ブリンザー
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース