カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2017年4月26日
  • カンボジアニュース

労働組合 メーデーにプノンペンで大規模デモ行進を計画[労働]

 5月1日のメーデーでは首都に数千人規模の集会や行進が行われる予定だ。カンボジアデイリー紙が報じた。

 労働職業訓練省イット・ソムヘーン大臣のフェイスブックページに掲載された情報によると、メーデー131周年の祝典として集会が行われ、出席者には、カンボジア人民党(CPP)のTシャツと帽子を着用した組合員、教師、公務員など約3500人が参加する予定。これには、労働組合NACC(National Union Alliance Chamber of Cambodia)も連携すると予想されているが、同組合の代表はコメントを拒否している。

 一方、独立組合の連合であるカンボジア縫製産業民主労働組合連合(C.CAWDU)は、ワット・プノン近くのカンボジア開発評議会(Council for Development of Cambodia=CDC)の近くで、約3000人の労働者を集め、請願書を提出するために国会まで行進する予定。

 代表のアット・トーン氏は、「労働者の最低賃金の引き上げ、表現の自由に対する政府の取り締まりの取り消し、労働組合法の改正を主張したい」と述べ、「都に許可されなくても、計画どおり行う」と付け加えた。


本記事は翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

関連記事
日系
プロキャスト 介護労働者の為に300万ドル資金援助 カンボジア[日系]
(20日)
労働
最低課税所得基準額 今月より300ドルに カンボジア[労働]
(19日)
経済
工場での失神者数 前年に比べ3割減 カンボジア[経済]
(12日)
労働
1000人のメイド派遣プログラムに基づき 14人が香港へ[労働]
(12月30日)
経済
カンボジア縫製業界 短期雇用契約の削減に向け大臣令承認の見込み[労働]
(12月18日)
経済
カンボジアでの新規工場設立数 前年度7.5%増[経済]
(12月14日)
あわせて読みたい
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
業界
正しい知識を持った専門家に意見を聞くことが大事[法務・税務・会計] 坂本征大
業界
生産性を高める時期、日系企業は今こそ投資を[人材]ホン・チユン (2/2)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース