カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2017年2月6日
  • カンボジアニュース

カンボジアの求人数 金融業が2年連続トップ[労働]

news_201702061
(c)Phnom Penh Post

 求人サイト、エバージョブズ・カンボジアは、金融業界が2年連続で、国内トップの雇用産業であり、業界の発展の波に乗り、従業員の需要が増加していると発表した。プノンペンポスト紙が報じた。

 自社の内部分析によって収集されたデータによると、金融機関からの求人は求人全体の11%を占めており、カンボジア国立銀行は求人増加の理由を、2016年は7月までに4行の専門銀行と12行のマイクロファイナンス機関が参入したためだと説明した。また全求職者の12%が、銀行業の求人に応募している。

 一方、ホスピタリティ・旅行業は、昨年440万人に達した国際観光客の増加に支えられ、2015年からは4.7%増の2番目に高い求人数となったという。

関連記事
労働
アジア開発銀行、技術訓練のために6000万ドルの融資を承認 カンボジア[労働]
(06月26日)
労働
バベットの工場で1500人がストライキ 会社側は要求に応じる[労働]
(06月14日)
経済
PPCBank、国際金融公社(IFC)とリスクシェア協定を締結[経済]
(06月10日)
労働
カンボジア国内の人材が育てば、海外からの人材を減らせられる[労働]
(03月29日)
労働
国家社会保障基金(NSSF) 出産した女性労働者に合計700万ドルを支給[労働]
(03月11日)
経済
モバイル決済プラットフォーム、パイペイ RHB銀行と業務提携[経済]
(03月10日)
あわせて読みたい
特集
本音調査アンケート 調査リポート06―カンボジア人が持つ仕事観とは
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(2/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース