カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2017年1月6日
  • カンボジアニュース

カンボジアは資本集約型産業へ移行 熟練労働者とインフラ向上が必要[労働]

 商業省パン・ソラサック大臣は、インダストリアル・ディベロップメント・ポリシー(IDP)の目標到達に向け、熟練労働者とインフラの向上が必要で、カンボジアでは今後10年間に渡り、約120億ドルを投資しなければならないと話した。プノンペンポスト紙が報じた。

 IDPの取り組みにより、中小企業の振興や重工業の成長を支える一方、カンボジアは現在の労働集約型産業から資本集約型産業に移行の時期に入っており、自動車メーカーを始めとする製造業等の大規模投資を引き寄せはじめているという。

関連記事
労働
未払いの年功手当 一括払いの要求を取り下げるよう要請 カンボジア[労働]
(10日)
経済
商業省への登録事業所数が大幅に増加 カンボジア[経済]
(12月26日)
経済
カンボジアの経済成長を7.3%と国立銀行が予想[経済]
(12月24日)
経済
カンボジア胡椒農家 低価格続き厳しい状況[経済]
(12月10日)
経済
カンボジア胡椒 新たなマーケットを模索[経済]
(12月06日)
経済
タイとの貿易額が70億ドルを突破 カンボジア[経済]
(12月06日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
カンボジアのシリコンバレー
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.5
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース