カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2017年1月6日
  • カンボジアニュース

カンボジアは資本集約型産業へ移行 熟練労働者とインフラ向上が必要[労働]

 商業省パン・ソラサック大臣は、インダストリアル・ディベロップメント・ポリシー(IDP)の目標到達に向け、熟練労働者とインフラの向上が必要で、カンボジアでは今後10年間に渡り、約120億ドルを投資しなければならないと話した。プノンペンポスト紙が報じた。

 IDPの取り組みにより、中小企業の振興や重工業の成長を支える一方、カンボジアは現在の労働集約型産業から資本集約型産業に移行の時期に入っており、自動車メーカーを始めとする製造業等の大規模投資を引き寄せはじめているという。

関連記事
社会
フン・セン首相、交通規則の違反常習者の免許取り消しを要請 カンボジア[社会]
(21日)
経済
カンボジアと韓国の二国間貿易が急拡大[経済]
(05日)
経済
カンボジア政府、今年の経済成長予測を6.5%から6.1%に下方修正[経済]
(03日)
経済
経済特区からの総輸出額、前年比27%増 カンボジア[経済]
(01日)
経済
カンボジアへの外国直接投資額、2020年は10%増を予測[経済]
(01月10日)
経済
米中貿易戦争の影響により増加する直接投資 カンボジア[経済]
(01月07日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
カンボジアのシリコンバレー
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.5
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース