カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2017年1月6日
  • カンボジアニュース

カンボジアは資本集約型産業へ移行 熟練労働者とインフラ向上が必要[労働]

 商業省パン・ソラサック大臣は、インダストリアル・ディベロップメント・ポリシー(IDP)の目標到達に向け、熟練労働者とインフラの向上が必要で、カンボジアでは今後10年間に渡り、約120億ドルを投資しなければならないと話した。プノンペンポスト紙が報じた。

 IDPの取り組みにより、中小企業の振興や重工業の成長を支える一方、カンボジアは現在の労働集約型産業から資本集約型産業に移行の時期に入っており、自動車メーカーを始めとする製造業等の大規模投資を引き寄せはじめているという。

関連記事
経済
ADB、2020年のカンボジアの経済成長を6.8%と予測[経済]
(09月26日)
統計
カンボジア・プノンペンが生活費の高い都市としてランキング[統計]
(09月25日)
経済
今後3年間で公共投資に144億ドルを費やすことを承認 カンボジア[経済]
(09月02日)
経済
プノンペン経済特区、今年第2四半期の収益は堅調に増加[経済]
(08月23日)
日系
亀田製菓、地元菓子メーカーとの合弁会社が事業開始[日系]
(08月12日)
経済
カンボジアの経済成長率、2019年は7.1%と予測[経済]
(07月30日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
カンボジアのシリコンバレー
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.5
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース