カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2016年11月13日
  • カンボジアニュース

製造業が力強く成長。100軒以上の新規工場から、5万人以上の雇用創出[労働]

news_201611131 (1)
(c)Phnom Penh Post

 カンボジア工業手工芸省が10日発表したところによると、今年1月から9月の間に100軒以上の工場が新規登録され、5万人以上の雇用創出に繋がったという。プノンペンポスト紙が報じた。

 同省広報担当官によれば、116軒の工場が新規登録され、5万1548名の新規雇用が発生した。国内の全工場数は1554軒に到達したことになる。

 同氏は、「一部の小規模工場は単に下請けだったため閉鎖されたが、大規模工場は通常どおり稼動している。12月にはコカ・コーラがプノンペン経済特区へ入居するため、今年中は製造業の強い成長が見込める」と話している。

関連記事
経済
1万軒の工場が入居可能 プレア・シアヌーク州に大規模な経済特区を建設予定[経済]
(12月26日)
経済
カンボジアでの新規工場設立数 前年度7.5%増[経済]
(12月14日)
日系
豊田通商 SANCOポイペト経済特区にテクノパークを正式発足[日系]
(12月12日)
経済
フォルクスワーゲンの大型ショールーム プノンペンにオープン[経済]
(11月22日)
経済
カンボジア中小企業協会連合会が政府に課題を提起[経済]
(11月06日)
経済
カンボジア開発委員会が情報提供にフェイスブックを利用[経済]
(10月29日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 協和製函 ホート・アムセイン
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース