カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2016年10月11日
  • カンボジアニュース

最賃153ドルの設定に労働組合は「選択の余地ない」[労働]

news_201610102
(c)Phnom Penh Post

 2017年度の縫製業の最低賃金が先月29日に月153ドルに設定されたことに関し、独立系労働組合らは、不満はあるもののさらなる賃金上昇を要求しない方針であることを明らかにした。

 独立系労働組合は、要求していた171ドルへの賃金増額に及ばずに13ドルの上昇に留まったことについて不満を表明したものの、労働者個々人の意思に任せるという。

 カンボジア縫製産業民主労働組合連合のアット・トーン会長は、「多くの組合員は納得していないが、選択の余地は無いと無力感を抱いている。同時に労働組合法が持ち出されることを恐れている。最賃はもう上昇しないだろう」と話した。

関連記事
労働
最低課税所得基準額 今月より300ドルに カンボジア[労働]
(19日)
経済
カンボジア縫製業界 短期雇用契約の削減に向け大臣令承認の見込み[労働]
(12月18日)
経済
カンボジアでの新規工場設立数 前年度7.5%増[経済]
(12月14日)
労働
タケオ州の縫製工場で100人以上の大量失神[労働]
(12月08日)
労働
米国商工会議所 カンボジア労働者のインターンプログラムを設立[労働]
(11月18日)
労働
PPSEZ 労働力向上のため訓練機関と覚書締結[労働]
(11月16日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
業界
現在のカンボジアの技術職支援には、水平的取り組みが必要[人材] ケビン・ブリテン (1/3)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース