カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2016年10月11日
  • カンボジアニュース

最賃153ドルの設定に労働組合は「選択の余地ない」[労働]

news_201610102
(c)Phnom Penh Post

 2017年度の縫製業の最低賃金が先月29日に月153ドルに設定されたことに関し、独立系労働組合らは、不満はあるもののさらなる賃金上昇を要求しない方針であることを明らかにした。

 独立系労働組合は、要求していた171ドルへの賃金増額に及ばずに13ドルの上昇に留まったことについて不満を表明したものの、労働者個々人の意思に任せるという。

 カンボジア縫製産業民主労働組合連合のアット・トーン会長は、「多くの組合員は納得していないが、選択の余地は無いと無力感を抱いている。同時に労働組合法が持ち出されることを恐れている。最賃はもう上昇しないだろう」と話した。

関連記事
労働
カンボジア労働省、2020年末までに社内診療所の設置を要請[労働]
(05日)
経済
EBA適用取りやめの脅威にもかかわらず、縫製工場が開設 カンボジア[経済]
(04日)
労働
タイから大量に移民労働者が帰国 カンボジア[労働]
(11月07日)
労働
カンボジア、ラオス、ミャンマー、移民労働者保護に取り組む[労働]
(11月04日)
政治
給与所得税の納税対象の最低月給額を325ドルに引き上げ カンボジア[政治]
(10月28日)
労働
ILO、法令遵守の監視体制の弱さ指摘 カンボジア[労働]
(10月22日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 AIA生命保険 ファイナンシャルプランナー チェア・チャンメトレイ
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース