カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2016年10月8日
  • カンボジアニュース

ASEAN諸国からのカンボジア人送還者数が急増[労働]

news_201610081
(c)Phnom Penh Post

 10月5日、カンボジア外務省が発表した報告書によると、2016年最初の9か月間で600人のカンボジア人労働者が11か国から救出・送還された。

 報告書によると、578人がビザ申請や地元当局との調整、法的支援や補償など、外務省による支援を受けたといい、毎年35%増のペースで増加している。

 同省のスポークスマンは、「前年同期の送還者数は発表されてないが、2015年全体では573人。2016年は既に昨年の合計を上回っている」と述べる。

 しかし、労働者人権団体セントラル(Center for Alliance of Labor and Human Rights=CENTRAL)の職員は、この報道に懐疑的で、「労働者がどこで何をしているかなどの情報は無く、外務省と領事館は助けられないと思う」と話す。

 送還者数578人の内訳は、174人がベトナム、150人がマレーシア、133人がタイ、そしてインドネシアと中国からはそれぞれ57人と47人だった。

関連記事
労働
縫製工場 労働職業訓練省の指示に従い従業員に休暇を与える[労働]
(07月31日)
政治
労働組合は縫製工に投票を促す カンボジア[政治]
(07月26日)
労働
フン・セン首相 選挙後に社会的保証が停止されるという旧救国党支持者からの主張を否定[労働]
(06月29日)
労働
カンボジア労働法 従業員の権利保証へ向け改正へ[労働]
(06月03日)
労働
カンボジアとタイ 移民合法化に向けた話し合い[労働]
(05月27日)
労働
建設ブームの裏に非熟練労働者の低賃金[労働]
(05月12日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
業界
現在のカンボジアの技術職支援には、水平的取り組みが必要[人材] ケビン・ブリテン (1/3)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース