カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2016年10月5日
  • カンボジアニュース

来年4月から、カンボジアの教員の最低賃金、230ドル超に設定か[労働]

 カンボジアのフン・セン大統領は3日、来年4月からの教員の最低賃金がボーナス抜きで230ドル超に設定されると発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 現在の教員の最低賃金は193ドル、ボーナス込みだと241ドルで、今年1月時点では206ドルまで増額との意見があった。

 カンボジア独立教員労働組合(CITA)の委員長代理は、生活費を鑑みれば最低でも月362ドルまで引き上げる必要があると主張する。同氏は、「首相が教員の事情に注意を払っていることの現れなので、今回の賃上げは歓迎するが十分なレベルではない」と述べた。

 CITAの委員長代理は、教育省大臣と議会に対して嘆願書を提出し、来年には362ドルまで賃上げするよう要求する予定だという。フン・セン首相は、2018年までに250ドルまで引き上げることを約束している。

関連記事
社会
カンボジアの高校卒業試験合格者がわずかに増加 試験改革の効果か[社会]
(12日)
労働
フン・セン首相 工場労働者に対し産休中の給与引き上げを約束[労働]
(08月26日)
政治
フン・セン首相 来年の公務員の募集中止を発表[政治]
(08月24日)
社会
大学入試開始 不正改善も、数学的能力は依然低いまま[社会]
(08月23日)
経済
フン・セン首相 工場労働者にバス無料化、最賃引き上げなどを約束[経済]
(08月22日)
経済
大手教育機関AISの親会社 カンボジア証券取引所に上場を検討[経済]
(08月15日)
あわせて読みたい
特集
カンボジアのシリコンバレー
特集
本音調査アンケート 調査リポート04―日本人の常識はカンボジア人の非常識
業界
子ども達にとって社会や考え方に寛容になることが求められている [教育・学習支援] ヒーザー・ゴーレン
業界
CJCCが夢を後押ししてくれる。そんな、存在を期待される組織でありたい [人材・コンサル] 大西義史
業界
根底にあるものは人間尊重 [人材・コンサル] 大西義史
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース