カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2016年7月29日
  • カンボジアニュース

毎年1000人近い技能実習生が、日本企業で働くため、日本へ派遣される[労働]

 毎年1000人近い技能実習生が、日本企業で働くため、日本へ派遣されるとクメールタイムズ紙が報じた。

 技能実習生の送り出し機関、IISカンボジアのエル・ロゼットCEOは、「技能実習生は日本で3年間で実務経験を積むことにより、カンボジアに戻った際、より良い給料を要求できる。また日本での滞在期間中、保険の加入等、カンボジアより良い労働条件で働くことができ、3年間で最低3万ドルの貯金も可能だ」と付け加えた。

 日本では、2020年のオリンピック開催で、建設工事への労働者がさらに必要になるという。

 カンボジア労働省の広報官は、「日本の法律では外国人の単純労働者の派遣は認められていないが、技能実習生は日本での実習期間中に給料を得られる」と述べた。

 同省によると、日本への技能実習生の送り出し機関として登録を受けた企業は50社にのぼる。

関連記事
政治
カンボジアの社会保障制度を推進する新たなパートナーシップ カンボジア[政治]
(11日)
政治
企業に外国人の労働許可を申請するよう指示 カンボジア[政治]
(09日)
労働
縫製工場 労働職業訓練省の指示に従い従業員に休暇を与える[労働]
(07月31日)
労働
退職金の一部支払 改正労働法は未だ施行されず カンボジア[労働]
(07月29日)
政治
労働組合は縫製工に投票を促す カンボジア[政治]
(07月26日)
経済
職業訓練の普及を促進するパートナーシップが締結 カンボジア[経済]
(07月09日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース