カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2016年7月19日
  • カンボジアニュース

セメント車、縫製工場の従業員を乗せた車両に追突[労働]

news_20160719
(c)Phnom Penh Post

 先週日曜日、カンボジア・カンダール州で、縫製工場の従業員約50人を乗せた車両に、セメント車が後方から追突する事故があり、多くのけが人が出た。プノンペンポスト紙が報じた。

 カンダールスタン地区の現地警察によると、「被害はそれほど深刻ではない」という。セメント車は横転した際に炎上し、プノンペン-ベトナム間で糊を輸送していた運転手の男が死亡した。警察によれば、男は無謀運転の罪に問われるだろうという。

関連記事
労働
カンボジア 1000人のメイドを香港に派遣する計画[労働]
(11日)
経済
メイバンクにより設立されたシルク織物訓練センター 地方の女性雇用に貢献[経済]
(04日)
経済
カンボジア縫製業界 米国に特恵関税制度の見直しを要求[経済]
(07月27日)
経済
今年上半期の衣類産業における海外投資が減少 カンボジア国立銀行[経済]
(07月25日)
経済
カンボジア縫製業協会が反発 訓練機関の運営方法への批判を受け[経済]
(07月14日)
労働
カンボジア 日本で働く研修生のための契約締結[労働]
(07月12日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
業界
直近の解決方法はこちらが英語を理解すること[人材] ケビン・ブリテン (2/3)
業界
現在のカンボジアの技術職支援には、水平的取り組みが必要[人材] ケビン・ブリテン (1/3)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース