カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 労働
  • 2016年6月12日
  • カンボジアニュース

今年も始まる賃金交渉、カンボジア労働省が関係者に準備を指示[労働]

 労働職業訓練省は、賃金交渉の準備を行うよう縫製工場の雇用者と労働組合に指示した。

 6月6日に発表された声明によると、最初の交渉は8月行われ、10月に工場の所有者、労働組合および政府と最終的な話し合いを行い、翌年1月に反映されるという。

 最低賃金は、社会的基準(家族状況、インフレ率と生活費の割合)と経済的基準(生産性、競争力、労働市場の状況や利益率)はもちろん、貧困レベルを基礎として議論され、2012年以来、最低賃金は66ドルから140ドルへと100%以上の上昇を見せている。

 カンボジア衣服製造業者協会の事務局長は、「雇用者は現在の最低賃金にも苦しんでおり、間違いなく大幅な増加に対応できない」と話す一方、著名な労働指導者は「160ドルから200ドルの間が適切だろう」と述べた。

logoCDfinal@2x
本記事は翻訳・翻案権の許諾を得て掲載しております。

関連記事
労働
操業停止により20万人の工場労働者に影響 業界団体が発表[労働]
(07日)
労働
一時解雇された労働者に対し、月70ドルの支給 カンボジア[労働]
(04月09日)
経済
中国のサプライチェーンは回復している[経済]
(03月18日)
経済
欧州連合、カンボジアとのEBA協定の一部停止を発表[経済]
(02月13日)
労働
日本の厚生労働省、WAPESと共同でカンボジアのNEA(国家雇用機構)を支援[労働]
(02月07日)
労働
縫製労働者の失神例は昨年減少した カンボジア[労働]
(01月15日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 JC Agricultural Cooperatives Co.,Ltd ジェネラルオペレーションオフィサー ノウン・クンティー
特集
カンボジア人の声 AIA生命保険 ファイナンシャルプランナー チェア・チャンメトレイ
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
業界
全企業が同じ法律に基づき平等に競争することが重要[人材] ケビン・ブリテン (3/3)
労働の最新ニュースランキング
最新ニュース