カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2018年3月6日
  • カンボジアニュース

草の根技術協力事業で約38万5000ドルを支援 カンボジア[日系]

news_201803074
(c)Khmer Times

 日本の市民と相手国地域住民との間の草の根レベルのきめ細かい協力に対し、日本が38万4817ドルを支援することに合意した。今回対象となったプロジェクトは、プノンペン、カンダール州、コンポンチュナム州、コッコン州の4つとなる。クメールタイムズ紙が報じた。

 王立プノンペン大学には、無病の蚕の卵を生産して農家に配布すると同時に農家に養蚕技術を伝えるためのシルクセンターの建設に9万1000ドルを支援する。

 また、カンダール州の野菜の安全性を証明するための簡易残留農薬検査機能を有した野菜出荷センターの建設には、11万5000ドルが支援される。

 さらにコンポンチュナム州のドムレーク灌漑施設の貯水機能の改善のために9万ドル、コッコン州ボートムサコー郡トゥモーソー地区の未舗装路の両脇に排水講を設置し、あわせてコンクリート舗装に8万9000ドルが提供される。

関連記事
社会
13人が農薬による中毒死 農薬の輸入を一時的に禁止に カンボジア農水省[社会]
(05月29日)
経済
カンボジア 商業省と労働職業訓練省が絹産業を強化に向け連携[経済]
(04月24日)
社会
日本の支援でプノンペンに下水処理施設の建設[社会]
(02月14日)
経済
グロジェネシス社の植物由来の農薬をカンボジアで販売[経済]
(10月19日)
日系
JICA プノンペンでの洪水を改善に取り組む[日系]
(10月05日)
経済
アジア開発銀行 トンレサップ盆地で5000万ドルの追加資金調達[経済]
(10月01日)
あわせて読みたい
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
特集
カンボジア 水ビジネス最前線
業界
役割と責任の明確化が必要 [人材・コンサル] 大西義史 (1/2)
業界
役割と責任の明確化が必要[人材・コンサル] 大西義史 (2/2)
業界
CJCCが夢を後押ししてくれる。そんな、存在を期待される組織でありたい [人材・コンサル] 大西義史
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース