カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2018年3月21日
  • カンボジアニュース

大手信販会社ジャックス カンボジアで事業開始[日系]

news_201803212
(c)Khmer Times

 三菱UFJフィナンシャル・グループの一員である大手信販会社ジャックスのカンボジア現地法人が、正式にカンボジアで事業を開始した。クメールタイムズ紙が報じた。

 同社は2010年にベトナムに子会社を設立し、その後2012年にインドネシア、2016年にフィリピンと海外展開している。

 カンボジア国立銀行(NBC)の副総裁は、「ジャックスの存在により、日本人投資家からのカンボジア市場への信頼をますます高めることだろう」と語った。

 NBCによると、ジャックスはカンボジアで運営する12社目のリース金融会社となる。カンボジアには現在、39の商業銀行、15の専門銀行、79のマイクロファイナンス機関がある。

関連記事
経済
PPCBank(プノンペン商業銀行)の純利益が急増[経済]
(16日)
経済
カンボジアの金融機関、上半期で総資産が19.2%増加[経済]
(01日)
経済
カンボジア中銀、開発業者が提供する住宅ローンの利用者に忠告[経済]
(07月31日)
経済
カンボジアの経済成長率、2019年は7.1%と予測[経済]
(07月30日)
経済
カンボジア中銀主導の決済アプリ「Bakong」をテスト[経済]
(07月24日)
経済
PPCBank、国際金融公社(IFC)とリスクシェア協定を締結[経済]
(06月10日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(2/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
業界
ANZグループとしても、世界70%の地域での営業活動を行う中で、アジアへの自由貿易の重要性を認識しています[金融・保険] レオニー・レスブリッジ
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース