カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2017年6月20日
  • カンボジアニュース

サタパナ銀行 地下5階、地上22階建てのビル建設を発表[日系]

news_201706206
(c)SATHAPANA Bank Plc

 サタパナ銀行(SATHAPANA Bank Plc.)は2020年を目処に、プノンペンの中心部に地下5階、地上22階建ての新本店ビルを建設すると、プレスリリースにより発表した。

 サタパナ銀行は、カンボジア全土に163の拠点を持ち、カンボジア内拠点展開ベース第2位、資本規模でカンボジア5本指に入るカンボジア最大の日系商業銀行である。2016年に、株式会社マルハンの子会社である日系商業銀行マルハンジャパン銀行と、カンボジアの大手マイクロファイナンス機関であるサタパナ社の統合により誕生した。このプロジェクトは、マルハンの資本によって進められている。6月15日に行われた起工式では、サタパナ銀行幹部をはじめ、カンボジア国土管理都市計画建設省のペン・ソパール長官、カンボジア国立銀行のアドバイザーであるキム・バダ閣下も出席した。

 サタパナ銀行代表取締役の韓昌祐は、「今年60周年を迎えたマルハンのように、カンボジアという国、そしてここに住む人々も様々な困難をハングリー精神とチャレンジ精神で乗り越え、成長することができると信じている。カンボジアでの金融事業はその一助であり、この国をより良くするという私たちのコミットメントの象徴が新本店ビルの建設だ」と、新本店ビル建設への想いを語った。

 これに対し、ペン・ソパール長官は当プロジェクトを高く評価。「プノンペンの都市化に寄与し、カンボジアの経済成長、雇用の拡大、企業倫理、業務効率になどカンボジアの経済成長おいて実りあるものになると信じている」と述べ、本プロジェクトへの正式な許可を宣言した。

関連記事
経済
関係省庁連携で違法建設現場を食い止める カンボジア[経済]
(09日)
社会
建設中の建物内部で労働者が生活することを禁ずる カンボジア[社会]
(08日)
社会
プレアシアヌーク州知事、鉄骨造の建設を直ちに中止するよう命令[社会]
(05日)
労働
アスベストの使用禁止する法律の制定を計画 カンボジア[労働]
(06月28日)
経済
5つの建設プロジェクトで建設許可が無いことが判明 カンボジア[経済]
(06月27日)
経済
プリンスグループ、巨大リゾート開発をシアヌークビルで着工[経済]
(06月11日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース