カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2017年5月26日
  • カンボジアニュース

リネットジャパングループ カンボジアで車両リース事業に参入[日系]

news_201705262
(c)Khmer Times

 日系企業のリネットジャパングループとSBIホールディングスによる合弁会社、モビリティファイナンスカンボジアが車両リース事業に参入する。クメールタイムズ紙が報じた。

 SBIホールディングスが51%、リネットジャパンが49%の株式を有し、資本金50万ドルで設立され、同社はカンボジア国立銀行(NBC)からリースライセンスを取得し、事業を始める予定。

 リース分野含め金融市場は、カンボジアの高度経済成長を背景に今後も急速に成長するだろうと見られている。

 車両にGPS機能を装備し、位置の把握や燃料の使用状況、スピード、走行距離、運転時間及び運転手の労働時間を確認できるとして、走行距離に応じた保険においてフィンテックを活用していくという。

 NBC総局長のチア・セレイ氏は、「フィンテックには送金だけでなく様々なサービスでの活用の可能性がある」と話し、「フィンテックはファイナンシャル・インクルージョン(金融包摂)をもたらし、農村地域の人々も含め、人々が手ごろな価格で金融サービスを利用することを可能にする」と付け加えた。

 なお、この発表を受け、東証マザーズ上場のリネットジャパングループの株価がストップ高となった。

関連記事
経済
電子決済サービス「パイペイ」 モバイルアプリを公式発表[経済]
(25日)
経済
経済学者 野党「ドル脱却」について異論[経済]
(15日)
経済
GTI 第1四半期の売上増加も純利益81%減少[経済]
(09日)
経済
選挙期間中の経済状況 政治の安定を受け例年より前向き カンボジア[経済]
(06日)
経済
大手通信会社スマート 堅調な成長を維持[経済]
(02日)
経済
カンボジア企業の未来にとって、責任あるビジネスが重要[経済]
(01日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース

人気記事ランキング