カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2016年7月27日
  • カンボジアニュース

プノンペンの公共バス車両が日本から無償供与[日系]

news_20160723
(c)Cambodia Daily

 日本は今後4年間で、プノンペンの公共バスサービスに対し、新しく公共バスを寄付する。

 プノンペン都副知事のイエン・オニー氏が、日本国際協力機構(JICA)の代表と合意を交わした。

 イエン氏によれば、現在都内で運行中のバスは57台で、日本からのバス車両は2017年12月に30台以上、2018年2月に50台、残りが2020年に提供されるという。

 日本からの新車両は、プノンペン都内に既存の3路線と、今年運行開始予定の7路線で走行する予定だ。

 「公共バスが増えると混雑回避や移動コスト削減に繋がるため、地元住民には良いことだ。だが、人々は一般的な移動手段として、トゥクトゥクやモトドップを利用している」と、イエン氏は話す。

 カンボジアデイリー紙によれば、JICA広報担当は、台数など詳細には言及しなかったものの合意があったことについて認めている。

 ただし、右側通行のカンボジアは右ハンドルの車両は原則走行できない。日本から無償でバスが供与されるとしているが、車両が日本メーカーとなるかどうかは不明だ。

関連記事
経済
JICA カンボジアに3000万ドルの資金援助[経済]
(10月28日)
日系
フン・セン首相 スカイトレイン建設のため日本に8億ドルの投資を要請[日系]
(08月08日)
日系
草の根技術協力事業で約38万5000ドルを支援 カンボジア[日系]
(03月06日)
社会
日本の支援でプノンペンに下水処理施設の建設[社会]
(02月14日)
社会
プノンペン 都市バス路線拡大 7月中旬[社会]
(06月21日)
経済
プノンペン―ホーチミン間 高速道路建設の覚書締結[経済]
(04月30日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア 水ビジネス最前線
業界
役割と責任の明確化が必要 [人材・コンサル] 大西義史 (1/2)
業界
役割と責任の明確化が必要[人材・コンサル] 大西義史 (2/2)
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
CJCCが夢を後押ししてくれる。そんな、存在を期待される組織でありたい [人材・コンサル] 大西義史
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース