カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2016年7月14日
  • カンボジアニュース

日本人ビジネスマン、M&Aによりマイクロファイナンス業界へ参入[日系]

news_201607143_mini
(c)Atom Capital Microfinance Institution

 日本人ビジネスマンの高橋明裕氏が、カンボジアのマイクロファイナンス機関である農業連盟開発ファンド(FUDF)の過半数の株式を所有し、中小企業だけでなく不動産セクターにも領域を拡大する意欲を示したとプノンペンポスト紙が報じた。

 プノンペンポスト紙によると、高橋氏はFUDF株の90%を取得し、社名を「アトムキャピタル・マイクロファイナンス・インスティチューション」に変更した。現在は、同社のCEOを務める。

 高橋氏は、「金融業界には以前から興味があり、カンボジアの融資ビジネスは大きな可能性を秘めた市場だと思う。こちらでは企業買収はまれだが、外国人がビジネスを始めるには手っ取り早くて良い方法だ」と語っている。

関連記事
政治
カンボジアは政権交代運動に脆弱か アナリストの警告[政治]
(24日)
経済
国内最大のシアヌークビル経済特区 面積倍増で株式上場を目指す[経済]
(20日)
経済
ベトナム カンボジアの水産養殖業への投資と支援に意欲的[経済]
(20日)
経済
高級コンドミニアム・オリンピアシティ近くに、歩行者専用の主要路が建設[経済]
(19日)
経済
ローカル向けのストリーミングプラットフォームが勢いを見せる[経済]
(18日)
観光
観光大臣 プチュンバン休暇中の価格引き上げに待ったか[観光]
(15日)
あわせて読みたい
特集
本音調査アンケート 調査リポート02―マイクロファイナンス
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(2/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
業界
お客様の大切なお金を守り、増やし、後押しするサポートを[金融]チア・パラリン (2/2)
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース