カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2016年7月14日
  • カンボジアニュース

日本人ビジネスマン、M&Aによりマイクロファイナンス業界へ参入[日系]

news_201607143_mini
(c)Atom Capital Microfinance Institution

 日本人ビジネスマンの高橋明裕氏が、カンボジアのマイクロファイナンス機関である農業連盟開発ファンド(FUDF)の過半数の株式を所有し、中小企業だけでなく不動産セクターにも領域を拡大する意欲を示したとプノンペンポスト紙が報じた。

 プノンペンポスト紙によると、高橋氏はFUDF株の90%を取得し、社名を「アトムキャピタル・マイクロファイナンス・インスティチューション」に変更した。現在は、同社のCEOを務める。

 高橋氏は、「金融業界には以前から興味があり、カンボジアの融資ビジネスは大きな可能性を秘めた市場だと思う。こちらでは企業買収はまれだが、外国人がビジネスを始めるには手っ取り早くて良い方法だ」と語っている。

関連記事
経済
カンボジア・中国外交60周年を記念して 高速道路・新空港の建設に調印[経済]
(15日)
社会
プノンペン自治港 4月にフェリーサービスを開始[社会]
(05日)
経済
1月からプノンペン―シアヌークビル間の高速道路建設[経済]
(12月29日)
政治
来年7月総選挙後まで閣僚再編は無い可能性 カンボジア[政治]
(12月27日)
社会
急速な都市化 包括的に監督する組織は「都庁ではない」 プノンペン都庁[社会]
(12月23日)
経済
ラタナキリ州 来年からカンボジア初の金の加工工場が稼働[経済]
(12月20日)
あわせて読みたい
特集
本音調査アンケート 調査リポート02―マイクロファイナンス
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(2/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
業界
お客様の大切なお金を守り、増やし、後押しするサポートを[金融]チア・パラリン (2/2)
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース