カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2016年4月27日
  • カンボジアニュース

日系MFI、マザーズ・ファイナンシャル・ジャパンがカンボジアに新規参入[日系]

news_20160427_mini
(c)CTN

 今年2月にカンボジア中央銀行(NBC)から営業許可を受けた日系マイクロファイナンス機関(MFI)、マザーズ・ファイナンシャル・ジャパンが4月22日、賑わう国内マイクロファイナンス業界に新規参入した。国の急速な成長に伴い消費は拡大し、新しい融資機関への機会は益々増えている。

 マザーズ・ファイナシャル・ジャパンは、自動車、オートバイ、家具、家電及び住居購入を目的に500ドルから100万ドルの融資提供を行い、例えば25年の住宅ローンの場合、1ヶ月で1%から1.8%の低金利でニッチな市場を切り開きたいという。

 最高執行責任者(COO)ポー・オロース氏は、「マザーズ・ファイナンシャル・ジャパンが他社よりも低金利・長期ローンの高い競争力を持っており、地方進出に向けてまずはプノンペンでの足場を確立したいです」と話すと共に、同社は改訂後の最低資本要件150万ドルを既に満たしていると付け加えた。

 プノンペンポスト紙によると、カンボジアマイクロファイナンス協会(CMA)の会長、ホウ・レントン氏は、同社が今年に入って4番目の新メンバーだと述べ、国の340万世帯の45%が金融へのアクセス権を持っている一方で、その他の20~30%が未だ融資を必要としており、市場には成長の余地があると話す。

 レントン氏によると、CMAは41社のマイクロファイナンス機関と7つのNGO、及びアクレダ銀行で構成された協会で、毎年45%の成長を見せるマイクロファイナンス業界は、2015年には総融資額2.9億ドル、平均融資額は1460ドルだったと述べた。また、イントン氏は、「第1四半期の融資額に基づくと、今年の成長率は急増すると考えており、2016年が記録的な年となることを期待しています」と述べた。

関連記事
経済
ローンポートフォリオの最低10%をリエル建てに 金融機関にとって挑戦[経済]
(10月07日)
経済
政治的混乱が起こるカンボジア 現地企業は懸念を示さず[経済]
(09月06日)
経済
全ての金融機関を対象にオンライン取引プラットフォームを開始 カンボジア国立銀行[経済]
(08月17日)
経済
カンボジア中央銀行 元-リエルでの為替レートを開始[経済]
(08月10日)
経済
アクレダ銀行 ロゴ変更後カードの発行をスタート[経済]
(06月23日)
経済
カンボジア最大手のアクレダ銀行 第1四半期の純利益2800万ドルに[経済]
(06月08日)
あわせて読みたい
業界
カンボジアの金融革新のリーダーであり続けます [金融・保険] ジョジョ・マロロス
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (4/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (3/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (2/4)
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース