カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 日系
  • 2015年2月15日
  • カンボジアニュース

日本の総合病院、2016年初頭にプノンペンで開院予定[日系]

 日本の総合病院が2016年1月にプノンペンのチョロイチャンバー区で開院する。

 開院を予定しているのは日本で脳神経外科病院として豊富な実績を持つ北原国際病院で、これまでタイやベトナムの総合病院の進出はあったものの、日本の総合病院の進出はカンボジアにとって初めてである。北原国際病院はこの総合病院進出計画の準備として、2012年にカンボジアにて小規模クリニック開院していた。

 計画では総合病院の開院に当って約30人の日本人医師が本病院に派遣され、同時にカンボジア人スタッフの一部は日本の北原国際病院にて研修を行うとしている。北原国際病院代表の北原茂実氏は計画について、「カンボジアは北原病院がアセアンで初めて投資する国だ。今後、ラオスとベトナムにも進出する予定だ」と述べている。

 北原国際病院は進出に約4千万ドルの予算投じるとしている、その後も投資額や時期は明らかにされていないが、投資を続ける予定だ。
tt_logo
本記事は転載の許諾を得て掲載しております。

関連記事
社会
デング熱 昨年の2倍以上の感染数を見せるも「制御可能」 カンボジア[社会]
(03月25日)
社会
カンボジアの自発的な献血は約3割 近隣諸国に比べ低い[社会]
(12月23日)
社会
ミャンマー カンボジアに抗毒血清を輸出[社会]
(12月21日)
コラム
カンボジアでもインフルエンザは油断大敵[コラム]
(11月06日)
社会
エイズ、結核、マラリア対策へ米国NPO団体が8300万ドルの寄付[社会]
(10月16日)
社会
カンボジアでは若者による献血が活発に[社会]
(09月11日)
あわせて読みたい
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
注目
インフルエンザ予防接種キャンペーンのお知らせ
注目
サンインターナショナルクリニック 無料診察 4月のスペシャルプロモーション
注目
サンインターナショナルクリニック の日曜診断がスタート 12月のスペシャルプロモーション
注目
サンインターナショナルクリニック の11月のスペシャルプロモーション
日系の最新ニュースランキング
最新ニュース