カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年1月2日
  • カンボジアニュース

認可されたカジノ 前年から53%と急増 カンボジア[経済]

news_201801022
(c)Phnom Penh Post

カンボジアは2018年、52件のカジノ営業のライセンスを供与し、カンボジア全体でカジノライセンスを取得件数は合計で150件となった。

経済財政省によると、プレアシアヌーク州だけで88のカジノがあるとし、政府として2018年はカジノ産業から5600万ドルの収益を目標としたが、実際の収益額は未確定だという。

また、シアヌークビルのカジノの大幅な増加が、中国人旅行者や投資の流入につながる可能性があるとした。

関連記事
社会
中国人ギャング、シアヌークビルの支配権を掌握すると宣言[社会]
(17日)
社会
中国人が国境都市ポイペトに群がる カンボジア[社会]
(04月29日)
社会
シアヌークビルのビーチに公衆トイレを初設置 [社会]
(04月04日)
社会
中国によりカンボジアの主権が喪失する心配をしないよう国民に呼びかけ[社会]
(03月12日)
社会
カンボジア初の高速道路 3月22日に起工予定[経済]
(03月06日)
経済
シアヌークビル空港の滑走路拡大プロジェクトに21百万ドル投じる[経済]
(02月20日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
業界
大事なことは、業界問わず共に市場拡大を目指して都市を盛り上げること[観光・飲食] ノエル・フーラー (2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース