カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年1月2日
  • カンボジアニュース

認可されたカジノ 前年から53%と急増 カンボジア[経済]

news_201801022
(c)Phnom Penh Post

カンボジアは2018年、52件のカジノ営業のライセンスを供与し、カンボジア全体でカジノライセンスを取得件数は合計で150件となった。

経済財政省によると、プレアシアヌーク州だけで88のカジノがあるとし、政府として2018年はカジノ産業から5600万ドルの収益を目標としたが、実際の収益額は未確定だという。

また、シアヌークビルのカジノの大幅な増加が、中国人旅行者や投資の流入につながる可能性があるとした。

関連記事
社会
ホテルに排水処理槽を設置するよう指示 シアヌークビル市当局[社会]
(09日)
観光
マカオのカジノ運営会社 アンコールワット近郊で土地購入[観光]
(06日)
経済
シアヌークビルにITビルディングが竣工 カンボジア[経済]
(03日)
経済
プレアシアヌーク州当局が放置する建材を強制撤去[経済]
(12月25日)
経済
プノンペン唯一のコンテナナイトマーケットが閉鎖し解体[経済]
(12月22日)
社会
ミス・ユニバース米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑[社会]
(12月18日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
業界
大事なことは、業界問わず共に市場拡大を目指して都市を盛り上げること[観光・飲食] ノエル・フーラー (2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース