カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年7月21日
  • カンボジアニュース

カンボジアのコメの価格がわずかに回復 農村開発銀行[経済]

news_201807213
(c)Khmer Times

 農村開発銀行(RDB)は19日、コメの価格がわずかに回復したと発表した。クメールタイムズ紙が報じた。

 RDBの声明によると、地方自治体および国家当局によっていくつか措置が実施された後、商品の価格は利益のある水準に戻っているとした。

 またRDBは、コメの収量は1ヘクタール当たり平均6トン増加しており、1キロのコメの現在の価格は800リエルであるため、1ヘクタール当たりの収入は480万リエル(約1200ドル)となることから、平均の生産コストが280万リエル(平均約700ドル)を差し引けば、農家は1ヘクタール当たり平均約200万リエル(約500ドル)の収入を得ていると付け加えた。

関連記事
経済
2018年のコメ総収穫量は750万トン 対前年3.5%増 カンボジア[経済]
(06日)
経済
欧州連合(EU)がカンボジアのコメに関税を課すことを決定[経済]
(01月18日)
経済
コメの輸出量が13%減少 カンボジア[経済]
(12月22日)
経済
香港企業出資のキャッサバ加工工場 来年までに稼働 カンボジア [経済]
(12月20日)
経済
カンボジア胡椒農家 低価格続き厳しい状況[経済]
(12月10日)
経済
カンボジア胡椒 新たなマーケットを模索[経済]
(12月06日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(4/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(1/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(3/4)
特集
カンボジア農業最前線〜最貧国の零細国家が手にした『神器と信用』が引き起こす農業変革の波〜(2/4)
特集
カンボジア経済データ(2017/7/10更新)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース