カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年6月21日
  • カンボジアニュース

イオンモール カンボジアで2号店目 待望のグランドオープン[経済]

news_201806215
(c)Khmer Times

 日本国内外260余の企業で構成される大手流通グループのイオンは6月20日、プノンペンで2号店を正式にオープンした。クメールタイムズ紙が報じた。

 新しいモールは、カンボジアの小売業を変えたとされる第1号店(2014年オープン)に続くもので、センソック区に位置する。面積は、15万平方メートル4階建て。開発には1億2000万ドルを費やした。

 2号店は、緑豊かな環境、国内最大のアミューズメント複合施設、公共サービスや金融サービスが受けられるエリアなど、日本の最新技術を備えた施設となる。

 不動産会社CBREカンボジアのダイレクターは、「近い将来、国際水準のショッピングモールの開発が立て続けに起こる可能性がため、開発側は効果的な販売戦略を立てる必要がある」と述べた。

関連記事
経済
カンボジアの電気製品の売上高 対前年比30%増[経済]
(01日)
経済
ハイト眞露 カンボジアでの焼酎の売上が大幅増[経済]
(02月07日)
経済
チップモンリテール 今後3年間でプノンペンに6つの商業施設をオープン[経済]
(01月24日)
社会
ダムコー市場の移転を否定 プノンペン都庁[社会]
(01月05日)
経済
プノンペン中心部にあるダムコー市場 北部郊外に移転予定[経済]
(01月04日)
経済
タイ系卸売マクロ シェムリアップに商業センターを建設[経済]
(08月14日)
あわせて読みたい
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
激化する和食店サバイバルinプノンペン食材流通が語る「生き残るための秘訣』2/2
特集
カンボジア人を雇用する日本人の苦悩
特集
イオンモールプノンペン開業、示唆に富むその舞台裏。ビジネス視察で見るべきポイント Vol.3
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース