カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2018年1月28日
  • カンボジアニュース

プノンペン 投資家トンレバサック地区に注目[経済]

news_201801282
(c)Phnom Penh Post

 多くの投資家はトンレバサック地区東部を巨大な商業プロジェクトや住宅プロジェクトを進める絶好の舞台として見ている。プノンペンポスト紙が報じた。

 センチュリー21メコンのCEO、チレク・ソクニム氏は、「トンレバサックは、大型商業施設であるイオンモールを始め、高級コンドミニアムのカーサメリディアンやザ・ブリッジなど多くの高級不動産開発が進む国内の中でも一番投資が進んでいる地区だ」と語る。

 また、CLリアリティのシア・チャイリンCEOは、トンレバサックには巨大な可能性を秘めているとし、国内外の投資家の注目を集め成長し続けるだろうと予想している。

 同氏はその理由を、「もともと川沿いにある主要地区であったこと、インフラが整ったこと、またロイヤルパレスや独立記念塔の近くでは建築物に高さ制限があるが、トンレバサックにはその制限がない」と説明した。

関連記事
経済
手頃な価格の住宅の開発が焦点になると予測 カンボジア[経済]
(13日)
労働
フン・セン首相、家賃を値上げしないよう家主に呼びかける[労働]
(12月27日)
経済
イオンモール3号店の投資プロジェクトが政府に承認される カンボジア[経済]
(12月27日)
経済
政府促すも低所得向け住宅開発、増加せず カンボジア[経済]
(12月26日)
経済
オクスリー・ジェムがザ・ピークの新しい請負業者を発表 カンボジア[経済]
(12月02日)
経済
2019年上半期の不動産、堅調な成長 カンボジア[経済]
(10月29日)
あわせて読みたい
特集
WILLONE BUILDING 遂にオープン!
特集
カンボジア人の声 イオンモール ヴット・ティラン
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース