カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年12月28日
  • カンボジアニュース

マレーシア系企業のペステック カンボジア証券市場の上場に向け申請[経済]

news_201709092
(c)Phnom Penh Post

 マレーシア系電力供給企業のぺステックカンボジアが公式にカンボジア証券取引所(CSX)の新規株式公開を申請した。プノンペンポスト紙が報じた。

 CSXの職員によると、同社の申請は現在審査中で、2018年第3四半期に上場予定と見られている。同氏は、「これは良い兆候であり、CSXの取引活動が勢いを増すだろう」と楽観視している。

 あるコンサルタント会社の代表者は、「ぺステックが既にマレーシアに上場していることを考慮すれば、良好なガバナンスのもと業務を行うことが期待される」と述べた。

 ぺステック社は先週、カンボジアにおいて3つの新しい電力プロジェクト建設を開始するため、2600万ドルを受注したと発表している。

関連記事
経済
カンボジア証券取引所 社債の発行を承認 カンボジア[経済]
(21日)
経済
プノンペン自治港とシアヌークビル自治港が顕著な成長[経済]
(08月18日)
経済
アクレダ証券 カンボジア証券取引所の取引口座数トップに[経済]
(08月13日)
経済
カンボジア証券取引所 取引量が第2四半期に214%の飛躍[経済]
(07月29日)
経済
有価証券に関するフォーラム カンボジア証券取引所[経済]
(07月24日)
経済
アクレダ銀行の株主ASA カンボジア証券取引所に上場予定[経済]
(07月21日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(4/4)
業界
カンボジアの人々に対する説明を続けていく[金融・保険]ホン・ソク・ホー(2/2)
業界
上場には多大な努力が必要とされている[金融・保険]ホン・ソク・ホー(1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース