カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年12月19日
  • カンボジアニュース

新たな物流業のマスタープラン 来年3月までに準備 カンボジア[経済]

news_201712192
(c)Khmer Times

 公共事業運輸省長官によると、物流のインフラ整備の指針となる新マスタープランは来年3月末までに準備され、コスト削減と輸送効率の向上に重要な役割を果たすという。クメールタイムズ紙が報じた。

 同省長官は、新たな計画案は、運送コストが高く、インフラが不十分であるなどの諸問題に対し、政府が首尾よく取り組めむために役立つと発言。

 同氏は、「同マスタープランは世界銀行や日本のJICAの支援で起草され、輸送部門の弱点に対処法が詳述されている」と述べた。また港湾と内陸水路輸送の開発が今後の戦略上、重要な要素であり、いくつか作業がすでに進行中であることを明かした。

 カンボジア貨物運送協会(CamFFA)の会長は、カンボジアの港湾での運用コストは依然としてベトナムやタイよりもはるかに高く、同省が腐敗や港と経済特区の連結の欠如、高いコンテナ取扱料金、不正競争などの問題に取り組むことを期待すると発言した。

関連記事
経済
プノンペン自治港 昨年の収益・利益ともに大幅増に[経済]
(18日)
社会
プノンペン自治港 4月にフェリーサービスを開始[社会]
(05日)
経済
1月からプノンペン―シアヌークビル間の高速道路建設[経済]
(12月29日)
経済
プノンペン都内から空港までの鉄道 4月完成予定[経済]
(12月24日)
日系
カンボジア運輸大臣 日本通運の成田空港第三物流センターを視察[経済]
(11月17日)
法律
物流部門に関する法律制定を検討 カンボジア運輸省[法律]
(11月11日)
あわせて読みたい
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
特集
トップインタビュー トーマス・インターナショナル・サービス クリストファー・トーマス (1/2)
業界
想像以上にカンボジア市場の可能性、面白さ、やりがいを感じた[飲食]小池聡
業界
2、3年住む方には、ぜひ我々の引越しサービスをご利用頂きたい[運輸・物流]ポール・グルー (4/4)
業界
良い病院や学校ができたことで家族での移住が進んでいる[運輸・物流]ポール・グルー (3/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース