カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2017年2月17日
  • カンボジアニュース

プノンペン水道公社 2016年も利益引き続き減少[経済]

 2月13日発表された年次報告書によると、プノンペン水道公社(PPWSA)の2016年の純利益は、2015年の1400万ドルから10%減の1250万ドルに、売上は5550万ドルから2.7%減の5400万ドルとなった。

 PPWSAの8690万株の1株当たり利益は、2015年の655リエル(0.16ドル)に対し、580リエル(0.14ドル)に。配当は4月にされる予定で、配当総額は330万ドル、同日付のカンボジア証券取引所(CSX)の同社の株式は、4100リエルで100リエル上回った。

関連記事
経済
株式市場の投資家数 倍増 カンボジア[経済]
(16日)
経済
MF大手ハッタカクセカー 社債を証券取引所に上場 カンボジア[経済]
(15日)
経済
国連 中国一帯一路構想によるカンボジアへの影響を考察[経済]
(15日)
経済
クラチェ州ブンタン GI取得により価格上昇 カンボジア[経済]
(14日)
経済
ジェットコンテナナイトマーケット閉鎖 カンボジア[経済]
(13日)
経済
水上タクシー さらに多くの駅の建設を検討 カンボジア[経済]
(12日)
あわせて読みたい
特集
不燃性マーケット?カンボジア株式市場〜開設から5年、全く活性化の兆しを見せないカンボジア証券市場。 周辺ASEAN諸国の証券市場の軌跡と合わせて辿る新興株式マーケットの可能性 〜(1/4)
特集
カンボジア 水ビジネス最前線
業界
カンボジアの人々に対する説明を続けていく[金融・保険]ホン・ソク・ホー(2/2)
業界
上場には多大な努力が必要とされている[金融・保険]ホン・ソク・ホー(1/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース