カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2021年1月14日
  • カンボジアニュース

コンドミニアム、賃料と販売価格がともに低下 カンボジア[経済]


(c)Khmer Times

 不動産会社CBREによると、昨年第4四半期におけるコンドミニアムの1平方メートルあたり平均販売価格は、高価格帯ユニットで3000ドル(前期比1.19減)、中価格帯ユニットで2250ドル(前期比5.89%減)、低価格帯ユニットで1400ドル(1.56%減)だった。また、同期から販売が開始された複数のプロジェクトのユニット総数は498戸と例年になく少数だという。

 一方で、昨年第4四半期のコンドミニアムの1平方メートルあたりの平均月額賃料は、高価格帯ユニットで12.69ドル(前期比0.08%減)、中価格帯ユニットで10.20ドル(6.7%減)だった。また、同期に2つのプロジェクトが竣工し、937戸(前期比3.75%増)が市場に追加された。

 CBREカンボジアのマネージングダイレクターであるアン・ソティダ氏は、「新型コロナウイルスの影響にもかかわらず、第4四半期は堅調に推移した」と述べた。

 国土整備・都市化・建設省の報告によると、2020年1月~9月の建設投資額は58億6800ドルと、前年同期比で9.6%減少した。

関連記事
経済
第3四半期、住宅ローンの申請件数が50%増加 カンボジア[経済]
(11月19日)
社会
2021年に6000人以上の公務員を採用 カンボジア[社会]
(11月17日)
経済
高需要を背景にボレイ(土地付き住居)の平均販売価格が上昇 カンボジア[経済]
(10月09日)
社会
シェムリアップ州、国有地に侵食している建物の撤去を住民に要請 カンボジア[社会]
(09月30日)
経済
2023年までのコンドミニアム開発における動向調査 カンボジア[経済]
(09月07日)
統計
上半期の建設業は1日あたり17万人の雇用を創出 カンボジア[統計]
(08月10日)
あわせて読みたい
特集
トップインタビュー イエローツリー・インテリア バーニー・ダーキン(1/3)
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース