カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年8月27日
  • カンボジアニュース

物流インフラの近代化と改革の必要性 カンボジア[経済]

20200827
(c)Phnom Penh Post

 カンボジア政府は脆弱な物流インフラを近代化して、輸出コストを下げることで物流セクターの競争力を高める方針だ。プノンペンポストが報じた。

 2014年の世界銀行の報告書によれば、カンボジアの輸出コストは近隣諸国に比べて30%高く、貿易部門の大きな障害となっている。そこで政府は陸運や海運、鉄道での物流インフラの近代化と拡大を奨励している。

 公共事業運輸省スン・チャントール大臣は、「カンボジアを近隣諸国にとって役立つ物流ハブに変えることに賛成だ。タイとベトナム間の貿易の通過点として地理的に好ましい立地にある」と述べている。

 地元の貨物輸送サービス会社のCEOは、「輸送インフラの近代化は、パンデミックに直面している貨物部門を復活させるのに役立つだろう。物流改革を行えば隣国の輸送サービスに近づけることができる」と述べた。

 カンボジア政府はプノンペン国際空港の西にあるダンカオ区に物流センター建設の実現可否を検討していたが、現段階では経済的に実現可能であるとの見解だ。

 国際協力機構の2016年の推計によるとカンボジアは輸出業者に20フィートあたり540ドルのコストがかかるが、タイは200ドル、ベトナムは250ドルとなっている。

関連記事
社会
トラックの4分の1が過積載 カンボジア[社会]
(07日)
社会
シェムリアップの道路インフラに予算1億5000万ドル承認[社会]
(09月10日)
経済
無許可で営業していた自動車修理工場40件が営業停止処分 カンボジア[経済]
(08月26日)
経済
貿易事情の変化がカンボジアへもたらす影響 カンボジア[経済]
(08月13日)
社会
無許可の自動車修理店の取り締まりを強化 カンボジア[社会]
(07月09日)
社会
ベトナムとの国境制限が3ヶ月ぶりに解除 カンボジア[社会]
(06月23日)
あわせて読みたい
特集
タオン・コン観光大臣が語る、観光大国カンボジアの実現
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース