カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年7月15日
  • カンボジアニュース

パンデミックにより不動産業界は第2四半期に大きな打撃 カンボジア[経済]

news_202007151-min
(c)Khmer Times

 不動産会社CBREによると、パンデミックの影響で第2四半期の不動産業界は、賃料と販売価格の下落により、第1四半期と比べて大きな打撃を受けている。クメールタイムズが報じた。

 高級コンドミニアムの販売価格は1平方メートルあたり3041ドル程下落しており、プライムオフィス賃料は1平方メートルあたり25.5ドル、プライムリテールモール賃料は1平方メートルあたり36.95ドルまで下落している。

 アドバンスリアルエステート社のポー・エアウコンCEOは、「2020年上半期において不動産の販売、購入といった取引の動きは鈍かった。コンドミニアムの販売減速は続くだろうが、住宅開発プロジェクトは安定した動きをみせるだろう」と述べた。

 カンボジア不動産協会のチレク・ソクニム会長は、「不動産業界の状況と活動は着実に回復しています。特に、ケップ州、カンポット州、プレアシアヌーク州、カンポンスプー州の不動産取引の再開が始まっています」と述べた。

関連記事
経済
高需要を背景にボレイ(土地付き住居)の平均販売価格が上昇 カンボジア[経済]
(09日)
経済
2023年までのコンドミニアム開発における動向調査 カンボジア[経済]
(09月07日)
経済
カンボジアの不動産セクターにおける低迷[経済]
(08月03日)
経済
今年上半期の商業スペースの賃料、近年最大の下落 カンボジア[経済]
(07月29日)
経済
低価格帯の住宅販売、プノンペン西部で開発が進む カンボジア[経済]
(06月26日)
経済
建設業界のマイナス成長は2021年に回復予想 カンボジア[経済]
(06月23日)
あわせて読みたい
特集
注目すべき卓越した2つの物件、カサ・バイ・メリディアンとスカイラー・バイ・メリディアンに迫る
特集
注目のコンドミニアム、カーサ・バイ・メリディアンについて迫る
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース