カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年7月2日
  • カンボジアニュース

パンデミックによる解雇、損害賠償金の支払い免除 カンボジア[経済]

20200702
(c)Phnom Penh Post

 労働職業訓練省は、パンデミックにより事業を閉鎖した事業者に対し、事前通知をせずに解雇した労働者に対しての損害賠償金の支払いを免除することを発表した。プノンペンポストが報じた。

 同省がカンボジア縫製業協会(GMAC)に対して回答した文書によると、経済的な困難および2か月以上の業務停止を強いられる状況下においては、雇用契約の停止が容認されるという。

 労働者運動集団連盟(Collective Union of Movement of Workers=CUMW)の代表は、「新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けているのは雇用主だけではない。今回の発表により雇用主が労働者を容易に解雇できるようになる恐れがある」と述べた。

関連記事
経済
オンラインによるビジネス登録システムを開始 カンボジア[経済]
(06月16日)
経済
業界団体がEBAの停止延期を欧州委員会に陳情 カンボジア[経済]
(06月04日)
経済
毎月40ドルの特別手当 来週より給付開始 カンボジア[経済]
(05月22日)
労働
操業停止により20万人の工場労働者に影響 業界団体が発表[労働]
(05月07日)
経済
77軒の工場新設も、今後約50万人の雇用喪失が懸念される カンボジア[経済]
(04月24日)
労働
クメール正月の出勤拒否した従業員の解雇は正当 カンボジア労働省[労働]
(04月14日)
あわせて読みたい
注目
CDLが労働許可証の取得代行サービスを開始
注目
カンボジア全国技能大会にて、技能五輪金メダリストによる電工デモを初めて実施!
業界
生産性を高める時期、日系企業は今こそ投資を[人材]ホン・チユン (2/2)
業界
日本の投資家はカンボジアの未来や労働状況を見極めるべき[人材]コイッ・ソミエン
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース