カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年6月17日
  • カンボジアニュース

プノンペン都の建設投資額、13億ドルに達する カンボジア[経済]

Phnom Pen's ever-rising skyline. KT/Pann Rachana
(c)Khmer Times

 国土整備・都市化・建設省によると、今年1月から5月にかけて計538件の建設プロジェクトが承認され、総投資額は13億ドル以上に達した。クメールタイムズが報じた。

 総面積は2821万1317平方メートルに及ぶが、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で中断しているプロジェクトもある。

 現在プノンペン都には1292棟の高層ビルが建設済であり、244件の土地付き住宅プロジェクトが進行中となっている。

 住宅開発プロジェクトの2019年における投資額は約110憶ドルであり、前年同期比で約90%増加している。

関連記事
経済
高需要を背景にボレイ(土地付き住居)の平均販売価格が上昇 カンボジア[経済]
(09日)
統計
上半期の建設業は1日あたり17万人の雇用を創出 カンボジア[統計]
(08月10日)
経済
低価格帯の住宅販売、プノンペン西部で開発が進む カンボジア[経済]
(06月26日)
経済
建設業界は依然として堅調 カンボジア[経済]
(03月17日)
経済
プノンペン郊外の低価格住宅、第1フェーズが年内完了 カンボジア[経済]
(02月19日)
経済
低所得者向け住宅プロジェクトは順調に進捗中 カンボジア[経済]
(01月14日)
あわせて読みたい
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
業界
カンボジアの建設業界、今度はサプライヤー競争の時代[建設・内装]ミース・プロックサー (1/2)
業界
コンドミニアムの建設で最も心身を疲弊させたのは建設以外のことだった[建設・内装]谷俊二 (2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース