カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年6月16日
  • カンボジアニュース

第1四半期、タイとの貿易額が31億ドルに達する カンボジア[経済]

20200616-1
(c)Khmer Times

 今年第1四半期においてタイとカンボジアの貿易額は31億ドルに達し、前年同期比で18.3%の増加となった。クメールタイムズが報じた。

 タイからの輸入額は24億ドル、タイへの輸出額は6億8700万ドルとなり、輸入品は主に機械類や建設資材、電化製品など、輸出品は農産物や宝石類が主要品目となっている。

 両国は2018年に83億ドル、2019年に94億ドルの貿易取引があったが、今年度中に貿易額150億ドルを目指している。

関連記事
経済
旅行用品の輸出は2020年に10億ドルに達する見込み カンボジア[経済]
(21日)
経済
今年9月までのキャッサバ輸出、49%増加 カンボジア[経済]
(14日)
経済
「カンボジアの祝日の多さが農作物輸出の減少に影響」ヴェイン農林水産大臣[経済]
(02日)
経済
物流インフラの近代化と改革の必要性 カンボジア[経済]
(08月27日)
経済
貿易事情の変化がカンボジアへもたらす影響 カンボジア[経済]
(08月13日)
経済
冷凍食品市場、1億2000万ドルに達する カンボジア[経済]
(08月03日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース