カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年6月8日
  • カンボジアニュース

マイクロファイナンス機関、約8億ドルの返済条件変更を承認 カンボジア[経済]

news_202006092-min
(c)Khmer Times

 カンボジアマイクロファイナンス協会(CMA)によると、マイクロファイナンス機関(MFI)は、債務者18万人以上、総額8億1700万ドルの債務について返済条件の変更を承認した。クメールタイムズが報じた。

 MFIの利用者260万人のうち19万6307人が返済条件の変更を申請し、そのうち18万301人が承認された。

 大手MFIのプラサック、サイ・ソニー副社長は、「先週要請のあった顧客1万3000人のうち1万2770人の返済条件の変更を承認した。国内のあらゆる業種からの要請があることを踏まえ、今年の12月まで受け付ける」と述べた。

 カンボジア国立銀行(NBC)は今年3月、全ての銀行や金融機関に対し、債務者の負担を軽減するための債務の条件変更を受け付けるよう指示している。

関連記事
観光
国内観光客数が20%減で踏み止まると観光省が予測 カンボジア[観光]
(29日)
労働
カンボジア文化村、11月に閉鎖し従業員を解雇[労働]
(14日)
経済
PPCBank社債上場第2フェーズは応募超過に カンボジア[経済]
(12日)
社会
2021年の公務員・軍の給与、昇給を先延ばし カンボジア[社会]
(08日)
経済
アジアインフラ投資銀行(AIIB)、カンボジアに6500万ドルの融資[経済]
(09月15日)
経済
マスクと手袋の新工場で3000人の雇用創出 カンボジア[経済]
(09月01日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(2/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
業界
ANZグループとしても、世界70%の地域での営業活動を行う中で、アジアへの自由貿易の重要性を認識しています[金融・保険] レオニー・レスブリッジ
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース