カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年4月30日
  • カンボジアニュース

カンボジアマイクロファイナンス協会、債務者に「ソフト」な措置[経済]

news_202004301-min (1)
(c)Phnom Penh Post

 新型コロナウイルスの感染拡大による影響で債務の支払いが滞る債務者に対し、CMAは返済の一時停止や担保売却の保留、延滞金を請求しない等の措置をとっている。プノンペンポストが報じた。

 人権NGO団体であるリカド(LICADHO)は他の134団体とともに、CMAに対して、「マイクロファイナンス機関からの総融資額は100億ドルを超えており、何百万人ものカンボジア人を苦しめている。債務を停止し、土地所有者に権利を返還するべきだ」との共同声明を発表した。

 これに対しCMAのブン・モニー会長は、「国内には200万人以上の債務者がいるが、そのうち約100万人からしか担保を取得していない。私たちの利益のために彼らの財産を差し押さえるようなことはせず、顧客の借入に対してソフトな措置をとっている」と述べている。

関連記事
経済
アジアインフラ投資銀行(AIIB)、カンボジアに6500万ドルの融資[経済]
(09月15日)
経済
マスクと手袋の新工場で3000人の雇用創出 カンボジア[経済]
(09月01日)
観光
カンボジアの観光産業はポストコロナに復活できるのか[観光]
(08月11日)
経済
パンデミックにより自動車業界の利益下落 カンボジア[経済]
(08月06日)
経済
中小企業銀行と農業開発銀行、中小企業へ6300万ドル融資 カンボジア[経済]
(07月31日)
観光
マレーシア政府主導の観光キャンペーン、空振りか カンボジア[観光]
(07月28日)
あわせて読みたい
特集
日本企業ならではのサービスや従業員教育を市場流入させたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
本音調査アンケート 調査リポート02―マイクロファイナンス
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(2/3)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース