カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年4月8日
  • カンボジアニュース

タイのロックダウン後も貿易額は増加 カンボジア[経済]

20200408-1
(c)Phnom Penh Post

 タイがロックダウンした後も、カンボジアとタイ間の貿易は増加している。プノンペンポストが報じた。

 タイの現地メディアは、今年の1月と2月における両国間の貿易額が、前年同期比15.6%増の10億3600万ドルに達したと報じている。

 タイ商務省によると、カンボジアへの輸出は主にノンアルコール飲料や自動車、電化製品等であり、同期間において前年比で14.86%増加しているという。

 カンボジア商業省の広報官は、「タイとの二国間貿易が増加していることはとても喜ばしいことだ。タイはロックダウンを宣言したが、国境閉鎖は人々にのみ適用され、貿易は閉鎖されていない」と述べた。

 タイ大使館の報告書によると、昨年のタイ・カンボジア二国間での貿易額は、2018年の84億ドルから7.14%増の90億ドルに達している。

関連記事
経済
第1四半期の対米輸出は前年比42%増 カンボジア[経済]
(08日)
経済
国境制限のなかでもタイとの貿易額は増加 カンボジア[経済]
(04日)
経済
養豚農家の拡大には金融機関からの融資が必要 カンボジア[経済]
(04月15日)
経済
カンボジアとロシア 二国間貿易の強化を図るためFTAに向けて始動[経済]
(03月26日)
経済
国境閉鎖は一般人のみ、貿易への影響は限定的 カンボジア[経済]
(03月24日)
経済
オンライン取引において、税務登録制度の義務化[経済]
(03月17日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース