カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年3月26日
  • カンボジアニュース

カンボジアとロシア 二国間貿易の強化を図るためFTAに向けて始動[経済]

A Cambodian woman buys mangos along a street in Phnom Penh on January 25, 2018. (Photo by TANG CHHIN Sothy / AFP)
(c)Khmer Times

 ホー・ナムホン外務大臣は今週初め、ドミトリー・ツベトコフ駐カンボジア大使との会談で、両国間の自由貿易協定(FTA)について前向きな姿勢であることを声明した。クメールタイムズが報じた。

 ホー大臣は、「2019年の二国間貿易額は5539万ドルに達しており、今年はそれを上回る見通しだ。昨年ロシアから5万5653人の観光客が訪れており、今後さらに増加することを期待している」と述べた。

 ツベトコフ大使は、「カンボジアの7%の経済成長に感銘を受けた。ユーラシア経済連合(EAEU)とのFTAによりカンボジアを支援していきたい」と述べた。
 
 農業関係者によると、FTAが締結されればロシアへの輸出拡大が見込め、年間約5000トンのマンゴーを輸出できるという。

関連記事
社会
ベトナムとの国境制限が3ヶ月ぶりに解除 カンボジア[社会]
(06月23日)
経済
第1四半期、タイとの貿易額が31億ドルに達する カンボジア[経済]
(06月16日)
経済
第1四半期の対米輸出は前年比42%増 カンボジア[経済]
(05月08日)
経済
国境制限のなかでもタイとの貿易額は増加 カンボジア[経済]
(05月04日)
経済
養豚農家の拡大には金融機関からの融資が必要 カンボジア[経済]
(04月15日)
経済
タイのロックダウン後も貿易額は増加 カンボジア[経済]
(04月08日)
あわせて読みたい
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(4/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(3/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(2/4)
特集
陸路国境ポイペト、 混沌からの脱却なるか~カジノと国境交易で栄えたカンボジアの”陸のカオス”が、 日系企業が主導する「タイ+1」の新たな製造拠点に?変貌の過渡期にある国境の街の今~(1/4)
特集
スン・チャントール上級大臣兼公共事業運輸大臣が語る、カンボジアの努力と発展の可能性
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース