カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2020年1月13日
  • カンボジアニュース

手頃な価格の住宅の開発が焦点になると予測 カンボジア[経済]

news_202001133
(c)Khmer Times

 CBREカンボジアのダイレクター、ジェームズ・ホッジ氏によると、2020年のカンボジアの不動産市場は、手ごろな価格の住宅開発やホテル、高品質な商業施設の開発が焦点になる可能性が高いという。
  
 地価は、2012年から2019年まで年々上昇していたが、2020年は上昇せず安定すると同氏は予測している。

 同氏は、「手頃な価格の住宅の需要は増加しており、この領域は成長する可能性があります。しかし10万ドル以上のコンドミニアムとボレイと呼ばれる戸建集合住宅やフラットの販売は厳しいだろう」と述べた。

 そうした状況を踏まえ、「開発者はコンドミニアムはユニットあたり4万ドルから7万ドルまで、ボレイはユニットあたり5万ドルから6万ドルで販売するべきだろう」と付け加えた。

関連記事
社会
プノンペン近郊の3か所で地下駐車場が計画 カンボジア[社会]
(06日)
経済
建設業界のマイナス成長は2021年に回復予想 カンボジア[経済]
(06月23日)
経済
カンボジアのコンドミニアムの販売価格、下降は僅か 第1四半期[経済]
(04月14日)
経済
パンデミックによる不動産業界への影響 低価格帯物件は堅調 カンボジア[経済]
(04月02日)
労働
フン・セン首相、家賃を値上げしないよう家主に呼びかける[労働]
(12月27日)
経済
政府促すも低所得向け住宅開発、増加せず カンボジア[経済]
(12月26日)
あわせて読みたい
特集
トップインタビュー イエローツリー・インテリア バーニー・ダーキン(1/3)
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース