カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年12月26日
  • カンボジアニュース

政府促すも低所得向け住宅開発、増加せず カンボジア[経済]

news_201912262
(c)Khmer Times

 国土整備・都市化・建設省によると、カンボジアには現在、低所得者向けの住宅建設プロジェクトが5つ(総戸数8331戸)あり、このうち2件はプノンペン、2件はカンダール州に、1件はバンテイメミンチェイ州のポイペトにある。

 政府は、2015年から2030年までに新規の住宅需要が150万戸、このうちプノンペンだけで80万戸と推定しており、急速な都市化による住宅需要を満たすため、年間5万戸を供給する必要があるとしている。

 低所得者向けの住宅開発を推進するため、政府はライセンスとインセンティブを導入したが、経済財政省の関係者によると、導入後2年が経過したものの、低所得者向けの住宅ライセンスとインセンティブの申請を行った開発業者は2社のみだ。

 プノンペン都も、公務員と低所得者を対象とした比較的安価な住宅建設への投資を中国人投資家に呼びかけている。

 経済財政省の関係者は、「ワールドブリッジグループによるパイロットプロジェクトが成功すれば、開発業者が興味を示すだろう。低所得者向けの住宅プロジェクトについて評価の枠組みを準備中で、まだ政策を広く推進していない」と述べた。

 ワールドブリッジは2017年1月、1億ドルを投じてカンダール州タクマオの45ヘクタールの敷地に、セレイモンクル・サテライトシティという住宅プロジェクトを開始した。ユニットの価格は1戸あたり2万5000ドルからとなっている。

関連記事
経済
パンデミックにより不動産業界は第2四半期に大きな打撃 カンボジア[経済]
(07月15日)
経済
建設業界のマイナス成長は2021年に回復予想 カンボジア[経済]
(06月23日)
経済
プノンペン都の建設投資額、13億ドルに達する カンボジア[経済]
(06月17日)
経済
カンボジアのコンドミニアムの販売価格、下降は僅か 第1四半期[経済]
(04月14日)
経済
パンデミックによる不動産業界への影響 低価格帯物件は堅調 カンボジア[経済]
(04月02日)
経済
建設業界は依然として堅調 カンボジア[経済]
(03月17日)
あわせて読みたい
特集
チア・ソパーラー大臣が語る、歴史からの再興を遂げたカンボジアの可能性
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 vol.3
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 2/2
特集
活況カンボジア不動産投資 リスクとリターンを見極めた先に映るその正体は? 1/2
業界
これ以上無いほど徹底して利便性を追求[不動産]ジュリアン・ホー チェニー・チャン
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース