カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年12月19日
  • カンボジアニュース

カンボジアの製薬会社、鎮痛剤の輸出を検討[経済]

news_201912192
(c)Khmer Times

 医薬品の国内大手メーカーであるファーマ・プロダクト・マニュファクチャリング(PPM)は19、鎮痛剤の需要の増加を受けて輸出の拡大を検討している。クメールタイムズが報じた。

 同社は、国際的な規制や安全基準に準拠し、幅広い抗生物質や鎮痛薬、高品質の家族用医薬品を製造しており、現在、主にベトナムとラオスに参入することを検討している。

 「キナール(Kinal)」という商品名の鎮痛剤は、特にフランス語圏のアフリカ諸国とヨーロッパで堅調に売り上げており、需要の増加に伴い生産チェーンも拡大しているという。

 同社ダイレクターのハイ・リーエン博士は、「カンボジアには医薬品を製造している会社はわずか5、6社であり、約400社が医薬品を輸入している。製薬産業は依然として輸入に大きく依存しており、売上の約90%を占めている」と述べた。

 同氏は、今年、カンボジアは医薬品の輸入額は約3億ドルに達すると予測している。

 カンボジアは9月、医薬品や医療機器の展示会「Cambodia Phar-med 2020」を開催し、多くの外国の製薬会社と医療機器メーカーが、カンボジアの市場への参入に関心を示した。

 台湾医療・バイオテクノロジー工業協会(TMBIA)のフランシス・ホン会長は、「カンボジアの経済が成長している今、カンボジア市場に参入する良い時期だ」と述べ、台湾から医療会社6社の率いて展示会に参加した。

 すでに国内2社のディストリビューターよって販売しているというバングラデシュの製薬会社、ポピュラーファーマシューティカル社のビジネスコーディネーターは、「カンボジアでより多くの販売代理店を探している」と述べた。

 10月にリリースされた報告書によると、世界のトップ100の医薬品グループのうち79社がASEANに存在しており、特にシンガポールやタイ、マレーシアにある製薬会社が、国際製薬グループとの間で製造業者としての契約しているという。

関連記事
政治
フン・セン首相、コロナウイルスに関し中国を支援[政治]
(01月31日)
社会
カンボジアの大気汚染、工場や車両、森林火災、廃棄物の焼却などの煙が原因[社会]
(01月20日)
社会
4380万ドル費やし貧困者等に健康管理サービスを提供 カンボジア[社会]
(12月27日)
労働
カンボジア労働省、2020年末までに社内診療所の設置を要請[労働]
(12月05日)
社会
毎年恒例の赤十字イベント 2000万ドル以上の寄付金を集める カンボジア[社会]
(05月09日)
社会
貧困世帯の母子に手当を段階的支給 カンボジア[社会]
(05月03日)
あわせて読みたい
特集
カンボジア人の声 ケーマインターナショナル総合病院 産婦人科 チャン・チャンノエウン 
特集
まちづくりひとづくり スペシャル対談 Vol.4
注目
サンインターナショナルクリニックからのお知らせ
業界
外国人にとっての心構え。日系クリニックの現場で起きていること。[医療・医薬] 野々村 秀明
注目
インフルエンザ予防接種キャンペーンのお知らせ
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース