カンボジアに進出する日系企業のための
B2Bガイドブック WEB版

  • 経済
  • 2019年12月12日
  • カンボジアニュース

マイクロファイナンス業界3位、プラサックの株式70%売却 カンボジア[経済]

news_201912121
(c)Phnom Penh Post

 スリランカで業界第4位のマイクロファイナンス会社であるLOLCは、2017年に香港の東亜銀行と共に買収したカンボジアのマイクロファイナンス機関、プラサックの株式の70%を売却する。プノンペンポストが報じた。

 LOLCは、1980年にオリックスと現地金融機関などとの共同出資により設立されたが、2018年にオリックスが当時保有していた30%株式持ち分を全て売却している。現在の主要株主は、ナナヤッカラ一族で、その過半数の株式を保有しており、積極的に他国展開を図っている。

 ナナヤッカラ氏に取材したブルームバーグによると、プラサックの株式売却で得た利益を新興市場のマイクロファイナンス企業の買収に充てるとされており、ウガンダやケニア、タンザニア、ジンバブエ、モザンビークが計画に挙がっているほか、ブラジルでの投資機会も模索しているという。

 インドの金融コンサルティング会社のマネージングダイレクターは、「マイクロレンダーがカン​​ボジアで拡大するための余地はあまりない」と述べた。

関連記事
経済
中小企業銀行が3月に運営予定 カンボジア[経済]
(02日)
経済
韓国系銀行、カンボジア最大手マイクロファイナンス機関を買収[経済]
(12月30日)
経済
PPCBank、カンボジア国内21店舗に拡大しSMEセンターを新設[経済]
(12月27日)
経済
PPCBank(プノンペン商業銀行)の純利益が急増[経済]
(08月16日)
経済
PPCBank、国際金融公社(IFC)とリスクシェア協定を締結[経済]
(06月10日)
経済
モバイル決済プラットフォーム、パイペイ RHB銀行と業務提携[経済]
(03月10日)
あわせて読みたい
特集
隠れた“フィンテック先進国”カンボジア ~スマホ・携帯による送金額は国内総生産の半額規模にまで到達、急速に普及する金融×IT先端サービスの行く先は?~ (1/4)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(3/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(2/3)
特集
急拡大するカンボジアのマイクロファイナンス市場。存在感を増す日系企業の参入と巨額投資、そのマネーが向かう先の実体は?(1/3)
業界
お客様の大切なお金を守り、増やし、後押しするサポートを[金融]チア・パラリン (2/2)
経済の最新ニュースランキング
最新ニュース